親二人、無事に見送りました

アルツハイマーでゆっくり逝った義母といろんな病気で慌てて逝った義父の介護備忘録

2018年6月半ば、腰痛の悪化。本当に伝えてほしいことは黙っている義父

2017年の11月に大動脈弁狭窄症をカテーテル手術で無事に終えた義父は、白内障が進んで生活に不便を感じていたため、心臓のTAVI手術をした都内の病院で2018年の8月に白内障手術をするため診察を進めていました。 ところが、その年の6月くらいから目に加えて耳…

急激に老いが感じられるようになった義父、85歳

今回の記事も、元の思春期ブルー相談室ブログからではなく、当時やり取りしていたラインをベースに書いたものです。 2018年のゴールデンウイーク。長男、次男がそれぞれおとうさんの家を訪れて、何かと世話を焼いていました。 ゴールデンウイークに入る直前…

急に後ろ向きな発言が増えてきた義父。心臓の術後検診と眼科で初めて白内障受診

前回の記事の冒頭で娘が吐血したことを書きましたが、その数日後には親のトラブル対応に追われ(親といっても生きている私の親の方ですけどね)、どちらも新しいストレスだったので、ストレスに弱い私には相当なダメージだったらしく、最終的にはメニエール…

亡き義母の誕生日。娘と義父、おかしな二人の鍵紛失事件〈元の記事は2018/04/16〉

前回の記事から間が空いてしまいました。「思春期ブルー相談室ブログ」の方では記事にしていたのですが、こんなことがありまして、ちょっと余裕がありませんでした。↓ 夜中に娘が吐血しました - 思春期ブルー相談室ブログ ひとまず落ち着いたので、今回は以…

2018年3月31日、義母の納骨

前回の記事に書いた通り、心臓の手術が終わってホッとできたのもつかの間、2018年の3月は歯の治療であたふたしたり、白内障の手術をしたいと言い出したおとうさん。 目は遠近がよくわからず、足元に不安があるため、おとうさん85歳の誕生日を祝ってくれた現…

2018年3月 義父85歳、歯が抜けたのを皮切りに、目や耳が衰え始めました

前回の記事の最後に、義父の歯が抜け始めたことを書きました。 元々おとうさんは歯の手入れにはとても気をつけていて、8020は完全にクリア、27本も自分の歯だったんです。抜け始める3ヶ月前、2017年11月にした大動脈弁狭窄症の手術前後には病院で歯のチェッ…

2018年1〜2月 デイサービスでのリハビリ運動も始まった義父、好調

2018年1月。義父は週に一度のデイサービスがスタートしました。玄関までスタッフが迎えに来てくれるのですが、せっかちな義父は自分がマンションの外に出て、迎えの車を待っています。まぁ、自分で歩ける分にはそれでも構わないんですけどねー。まだ足元がふ…

2018年の年明け。義父は落ち着きましたが孫に出ました

前回の記事で、長らく病気が続いて入退院を繰り返してきた義父が、大動脈弁狭窄症の手術が成功してからというもの、猛スピードで日常生活を取り戻そうとしていることを書きました。 思い返してみると、義父の入院が始まったのは2016年5月のこと。 【その時の…

義父、85歳の誕生日を50年来の友人とお祝い。そして介護サービススタート

今回の記事は、元の思春期ブルー相談室ブログからのリライトではなく、当時のラインのやりとりを見ながらのオリジナル記事となります。 2017年12月、義父は心臓の大動脈弁狭窄症の手術を無事に終えたこともあり、これまでの半軟禁生活から解放されて地域のサ…

ショック! 義父 、心臓手術後の最初の診察で〈元の記事は2017/12/23〉

ブログ更新がしばし滞っていました。思春期ブルー相談室ブログの方は頑張っていますので、こちら親の介護ブログの方はぼちぼちやっていきますね。 さて、前回の記事では術後退院してからの義父の暴走ぶりをお届けしました。 今回は、大動脈弁狭窄症のカテー…