海野しぶきブログ 親二人、無事に見送りました

アルツハイマーでゆっくり逝った義母といろんな病気で慌てて逝った義父の介護備忘録

白内障

義父アルツハイマーと自覚?2018年8月25日、入院先で介護施設職員と面談

2018年8月23日(木)の早朝4時半ごろ、夫の携帯におとうさんから電話がかかってきました。 この夏はおとうさんから思いがけない時間にラインメッセージや電話が鳴るようになっていて、突然起こされることもたびたび。 その朝は入院中の電話とあり、夫も目を覚…

2018年8月16日。義父と息子たちの話し合い。退院後施設入所の意思確認

引越しを挟んだので、前の記事からだいぶ時間が経ってしまいました。ごめんなさい。おかげさまでだいぶ新しい生活を楽しめるようになってきましたよ! さて、では介護話の続き、夫が知恵熱を出しながら、私を事実上おとうさんのお世話から離れさせると決めた…

2018年8月15日。白内障手術後の退院を延期した義父、入院時の転倒で背骨が圧迫骨折してました

2018年の8月14日、元は退院する予定で私たち夫婦は義父を迎えに病院に行きましたが、とても帰れる状態ではないと判断し、退院を延期してもらいました。 その日、帰りの車の中から夫と私はずっと作戦会議です。 夫は2日前の入院時の時からブラザーズへのライ…

2018年8月14日。左目白内障手術して退院の予定が、転倒で歩行不能となり延期要請

前回、義父が白内障手術で入院した日、みんなからの注意を覚えていられず、ひとりでトイレに行って転倒した話の続きです。 転倒した日から日付けが変わったばかりの真夜中2時ごろ、義父から私にラインでメッセージが届いてました。 それがこちら。 全く意味…

2018年8月12日。白内障手術前日の入院日、義父転倒の大事件

2018年8月12日(日)。義父が白内障手術のために入院。 病院に向け出発するまでの間に、夫が父親の衰えぶりに驚いたことを前回の記事でお伝えしました。 今回の記事では、病院に到着してからのことをお届けします。 病院に付き添った私たち夫婦が病室でおとう…

2018年8月11日義母の墓参り。そして義父白内障入院当日、夫が父親の衰えに驚いた件

思春期ブルー相談室ブログではがんばって更新していますが、こちらのブログでは2020年に入って初めての記事になります。 ポツリポツリですが、今年もよろしくお願いします。 それでは前回の続きです。 2018年8月10日(金)に、これまでのせん妄状態からやけに…

2018年8月10日。義父が火事場の馬鹿力を見せた日

前回の記事では、2018年の8月10日(金)に義父が今後通うデイサービスの見学のしたことと、お昼と夜の宅配弁当に混乱している話を書きました。 その日は、それ以外にも本当にいろいろあったんです。 義父は、白内障の手術のために8月12日(日)に入院し、翌8月13…

2018年8月上旬。2つのデイサービス見学と2カ所の宅配弁当混乱問題

2018年8月6日(月)。おとうさんに頼まれた、入院に必要なカーディガンのほか、ポロシャツやパンツを揃えて届けに行った話の続きです。 3日前の金曜日に一緒に病院に行った時から、さらに混乱が発展していました。 2日前の土曜日には長男が来てくれて、平日お…

2018年8月3日。白内障手術前の最終検査と手術前の点眼問題

2018年8月3日(金)。この日は夫が会社を休み、夫婦で付き添っておとうさんと都内の病院へ。白内障手術前の最終検査に連れて行きました。 前回長男夫妻が付き添った時の検査結果からも、その日の検査からも、手術は予定通りできるとのこと。 ただ、血液検査の…

2018年8月2日、白内障術前検診前日。義父宅で2時間半の対話

これまで長年、おとうさんとは良いチームワークでおかあさんの介護にあたり、おとうさん自身の入院や手術を乗り越えてきましたが、ここにきて関係が悪化。一方的に嫌われてしまった私です。 2018年7月31日の介護認定調査の面談の際に隣に座っているおとうさ…

2018年7月27日、義父が外で転倒。義母の一周忌前日のことでした

前回の記事からの続きです。 2018年7月25日、長男夫妻が白内障手術前の検査のためにおとうさんを病院に連れて行きました。 7月28日(土)は、前年の8月9日に亡くなった義母の一周忌の法要を義父宅で行い、それからお墓参りと食事をする予定です。しかし予報で…

2018年7月下旬。ようすが心配になってきた義父と白内障の手術日決定

前回の記事の続きになります。 大動脈弁狭窄症の手術後、目が見えないことを訴え、耳が聞こえなくなってきたことを訴え、腰痛を訴え、不眠を訴えてきたおとうさん。 ついに辞めていた睡眠薬が欲しくて病院に行ったものの、これまでの薬と違って穏やかな効き…

2018年6月半ば、腰痛の悪化。本当に伝えてほしいことは黙っている義父

2017年の11月に大動脈弁狭窄症をカテーテル手術で無事に終えた義父は、白内障が進んで生活に不便を感じていたため、心臓のTAVI手術をした都内の病院で2018年の8月に白内障手術をするため診察を進めていました。 ところが、その年の6月くらいから目に加えて耳…

急に後ろ向きな発言が増えてきた義父。心臓の術後検診と眼科で初めて白内障受診

前回の記事の冒頭で娘が吐血したことを書きましたが、その数日後には親のトラブル対応に追われ(親といっても生きている私の親の方ですけどね)、どちらも新しいストレスだったので、ストレスに弱い私には相当なダメージだったらしく、最終的にはメニエール…

2018年3月31日、義母の納骨

前回の記事に書いた通り、心臓の手術が終わってホッとできたのもつかの間、2018年の3月は歯の治療であたふたしたり、白内障の手術をしたいと言い出したおとうさん。 目は遠近がよくわからず、足元に不安があるため、おとうさん85歳の誕生日を祝ってくれた現…

2018年3月 義父85歳、歯が抜けたのを皮切りに、目や耳が衰え始めました

前回の記事の最後に、義父の歯が抜け始めたことを書きました。 元々おとうさんは歯の手入れにはとても気をつけていて、8020は完全にクリア、27本も自分の歯だったんです。抜け始める3ヶ月前、2017年11月にした大動脈弁狭窄症の手術前後には病院で歯のチェッ…